ドムス友愛「規則」

  • 1.生活規律
  • 入居者は礼儀・責任・清潔を心掛け、会館の秩序と規律を守り、他人の迷惑となるような行為は慎むこと。

  • 2.外来者・宿泊者
  • ①本館は女子学生会館としての性格上、近親者及び管理者の許可を得たる者以外の男子は館内に立ち入ることを禁ずる。やむを得ない事情のある男子訪問者は、管理者の許可を得てホールを使用することが出来る。
    ②外来者の宿泊は原則として禁ずる。但し近親者、その他やむを得ない場合で管理者の許可を得た者はこの限りでない。アパート的な使用は固く禁ずる。

  • 3.食事・門限
  • ①食事時間は次の通りとする。
    夕食・・・午後6:00~10:00まで
    ②門限は午後11時とする。但し、やむを得ない事情のために門限に遅れる際は夜間通用口を使用すること。門限に帰れないアルバイトには従事しないこと。

  • 4.外泊する際は、外泊簿に理由・外泊先その他を記入すること。
  • 5.退館
  • やむを得ない事情のため退館する者は2ケ月前に管理者に申し出て、その承認を得なければならない。原則として年度途中(4月~翌年2月)での退館は認めない。但し、会館内の生活の秩序と規律を乱し、また他人に対して迷惑を及ぼす行動をする者に対しては、保証人に通告し退館を命ずることがある。

  • 6.火災・盗難の警戒―非常の場合
  • ①失火・盗難には各自が留意すると共に、防犯・防災には全員が協力しなければならない(備え付け消火器の取扱いを心得ておく)。
    ②冬の暖房器具は電気製品に限り、石油ストーブなどは禁ずる。
    ③館内での喫煙は厳禁(女子会館として相応しくなく、且つ危険なため)。
    ④外出の際には自室に鍵をかけること。
    ⑤非常の際または夜間異変が起こった際には、直ちに管理者に通報すること。全員に非常ベルを鳴らし警報する。

  • 7.弁償
  • 館の備え付け品の紛失または不注意のため設備を損した場合は、弁償しなければならない。

  • 8.衛生
  • 洗面所・便所・浴場・洗濯室などは常に清潔を保ち整頓に心がけること。

  • 9.入浴
  • 入浴時間は午後11時迄とする。

  • 10.病気・医療
  • 病気の時は速やかに管理者に連絡し、手抜かりなく措置を講ずること。

  • 11.室料・諸経費
  • ①室料は毎月5日までに銀行振り込みにより納入すること。
    ②室料などは月額にして次の通り定める。
    個室室料48,000円、管理費5,000円、食費15,000円とする。土曜日・日曜日及び祝日は従業員の休日のため食事を除く(朝食は各自で用意)。
    電気代は個室内使用分のみ徴収する(子メーターにて毎月計測)。
    ③その他入館決定の際は入館費として100,000円を納入すること。
    ④帰省・旅行などのため食事を取らない時は、予め管理者に連絡すること。この場合、食費は日割り計算により差し引くものとする。その他の場合の食費の減額は認めない。

  • 12.入館時の注意
  • 入館の際には次の物品を持参することが便利である。各自の食事用の茶碗、箸、箸箱、スリッパ、洗面道具、ポット(湯沸かし)、勉強机、椅子、書棚、電気スタンド、寝具など。

    以上

↑ PAGE TOP